豚丼のたれ
豚丼のたれ
豚丼のたれ

香味野菜と果実の絶妙なブレンド
飽きのこない万能だれ!

豚の旨味をひきたてるコクのある甘さと豊かな風味

豚肉をフライパンで炒めて、火が通り始めたら「豚丼のたれ」をたっぷりと回しかけると、ジュージューと食欲を誘う音とともに香ばしい香りが漂ってきます。白いご飯の上に、たれを絡めた豚肉をどーんと乗せて、ひと口頬張れば、もう箸が止まりません。

豚丼のたれ

豚丼のたれの楽しみ方

豚肉との相性が抜群

豚肉は脂身多めの肩ロースを厚めに切ったものがおすすめ。脂身の旨味をさらに引き立てる豚丼のたれです。

「あんまり脂っこいのはちょっと…」という方には、薄めのバラ肉や生姜焼き用の肉をたれに漬け込んでから炒めてみてください。

合わせる具材にはやっぱり玉ねぎがおすすめ。豚肉とたれの旨味とに絡み合い、ほんのり茶色く色づき自然な甘みが広がる玉ねぎは豚丼の程よいアクセントになります。

豚の脂身との相性が抜群

お弁当にもピッタリ

濃い目の味付けで冷めてもおいしい豚丼はお弁当にも最適です。ベースの醤油にハチミツで甘さを加えてあるから、コクがあるのにあっさりした甘さ。お子様から年配の方まで世代を超えてご家族で楽しんでいただけます。

白髪ねぎをトッピングしたり、七味唐辛子をかけると、アクセントある大人向けの味になります。

お弁当にもピッタリ

割下、かつ丼のたれにも

豚丼だけではもったいない!

実は、この「豚丼のたれ」はすき焼きの「割下」としても活躍します。

牛肉、豆腐、お野菜にたれがしみこんで、これまたごはんにピッタリ。卵でとじてすき焼き丼にしても楽しめます。かつ丼など、どんぶりもののたれとしても重宝します。ぜひオリジナルの使い方を見つけてください!

割下、かつ丼のたれにも

豚丼のたれ誕生秘話

びはん専務のイチオシ!

実は「豚丼のタレ」は東日本大震災を経て生まれました。復興支援のお礼のために、びはん専務の間瀬慶蔵が帯広を訪れた時、目に止まったのが名物の豚丼。「そうだ!山田で育てている豚肉に合うたれを作って豚丼を山田の新しい名物にしよう!」

岩手に戻り、さっそく商品開発を開始。何度も試食に試食を重ねて、甘辛さが絶妙なこの味にたどりつきました。豚肉との相性ピッタリの自信作です!

煮物や炒め物にもおすすめ!飽きのこない万能ダレです!!
豚丼のたれ
[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

豚丼のたれ 640g【6本入】

4,482円(本体4,150円、税332円)

豚丼のたれ640gの6本セット


豚丼のたれ 640g【3本入】

2,754円(本体2,550円、税204円)

豚丼のたれ640gの3本セット


豚丼のたれ135g【20本入】

5,238円(本体4,850円、税388円)


豚丼のたれ135g【10本入】

3,186円(本体2,950円、税236円)

全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています